調理師会ホームページ

調理師免許を取得するため

調理師免許を取得するため

 

調理師免許を取得する際にどうしたらよいのか。
まずはどのような形で調理師の免許を学ぶかによりそれは異なってきます。

 

例えば通信教育で学ぼうとする場合や、厚生労働大臣指定である
調理師学校あるいは養成施設などもそうですが、
そういった施設や学校で学び知識や、
技能等を習得していくというかたちがあります。

 

調理師の資格は、中学教育卒業後2年以上

 

また調理師学校は行かずに、中学教育卒業後2年以上
料理店または飲食店などで見習いや助手を務め厚生労働大臣が
定めている基準の都道府県知事が行なっている調理師試験に
合格となれば調理師免許を取得できるということになります。

 

最初に例えた通信教育で学び取得する方法というのも
最終的には厚生労働大臣が定めている都道府県知事が行なう
調理師試験を受けるということになります。

 

調理師免許を取得する方法というのは大まかに分けると、
2通りということであり、試験を合格し取得する方法か
厚生労働大臣指定である調理師の施設または学校を
卒業する方法かに分けられるようです。

 

就職率が非常に高い

 

ただ平均に飲食業等を経て、取得なさるというかたが多いと言われています。
調理師試験を受験合格し、調理師免許を取得する方の半数以上は
飲食店などに就職しているかたが多いです。

 

現在調理師の免許が取りたいがどうすればよいかわからないという方は、
この2通りのいずれかの選択肢で取得方法を考えることができますので、
ご自身の現在の状況等を考え取得方法を考えるとよいでしょう。

 

ただ多くの場合学校または施設卒業というより、
飲食業等を経験したうえで試験を受けるという方が多いと言われています。
また受験するには、2年以上の実務経験が必要となりますから
調理師免許を取得したいという方はよく考えた上で
2通りいずれかを決断するといでしょう。